toggle

ごあいさつ

夫婦ときめく専門家
ハート・ハグズの菅 朱弥(あみ)です

img_3206

私の使命

一番小さな社会の夫婦・家族が
ときめくことでありがとうと笑顔に溢れる。
それが地域に日本全体そして世界まで広がり
心身ともに安定した社会をつくることです。

私の生い立ち

私は、子どものころからの喪失体験から
自己肯定感がもてないまま育ちました。
それなのに育った環境の影響から
一生働き、誰にも頼らず結婚はしないと決めていました。

そんな私が、しないと決めていた結婚をし、
苦手な子育てをすることに。
それは結婚生活の絶望と
子育てにより仕事を退職という喪失感から始まりました。

いつかはこの生活を脱して、
自分が描いた働きづづける自立した女性になると、
得意分野のファイナンシャルプランナーを通信教育で取得し、
相談業に必要だとコーチングを学びました。

その学びが今までの喪失感に向き合う始まりとなりました。
対人への怖さの克服にアサーションを学び、
自分のような夢を持ちながらもいろんな壁で
止まっている女性のサポートを開始しました。

しかし、どれだけ行動しても。。。

自己肯定感が低いのに
人に頼らない
人に頼らない=自立だった私

その思いは行動を起こすことはできるですが、
結局自分にOKがだだせないので
前進ができないで止まってしまう。
そんな自分を責めるという悪循環に

そこで一大決心!

旦那さんとの間柄も離婚届けまで用意していた仲でしたが、
このご縁を受入れ
自分の人生を受入れると決めたのです。

その結果

旦那さんとの仲は銀婚式をあげるくらいになれました。
銀婚式は私たちにとってリスタ式(再出発式)となりました。
そして生い立ちの反面教師でいい家庭を作ろうとしていた私でしたが
夫婦仲が上手くいくと、力を入れなくても家庭がいい風になってきたのです。

そして、家庭が私を必要としてくれ、
どんな私でもOKを出してくれるのを感じたら
今までしっかり者だった私が、
ぬけぬけに。。。

それは本来自分が欲していた
自分を取り戻した
ということだったのです。

本来欲していたのは人を頼り
甘えたい自分でした。

そんな私は、今までの人生すべてに感謝しはじめ、
夫婦・家族の絆の大切さを感じることができたのです。

生い立ちから家庭を持つこと
甘えること
そんな事が出来ると思っていなかった。
それが出来ている今
家庭の大切さをひしひし感じています。

そしてその家庭を作る源の
夫婦の関係を整えることが大切だと確信したのです。

私の野望

夫婦の相談を通して
その相談者の自己肯定感を整える
そこから夫婦の関係を整え
家族の関係を整える

自分の意識が変わると夫婦が変わり、家族が変わる。

子育てが終わりに近づいた来たとき、
これから自分はどうしていくのか?
旦那さんとはどうしていきたいのか?

「自分にときめき、パートナーにときめき、未来にトキメク!」
それを望んでいる人のリスタートをサポートをすること

子供の巣立ちを目前にして
自分のこれからの生き方を考え
自分にときめき(自己肯定感UP)
夫婦と家族の絆を深め(夫婦・家庭円満)
ときめき、自分の人生をリスタートする

それは熟年離婚阻止
シルバーの貧困問題解決
非婚率低下
少子化対策

そんな世の中は笑顔を増やし
世界平和に繋がると思っているのです。

自分の可能性を信じて進んでいきましょう!
思い立った時が一番若いのです!

あなたのリスタートはどのようにしたいですか?
ぜひ、私に語ってください!