toggle
2017-02-17

旦那さんが手伝ってくれたのです!理解と承認

こんにちは
夫婦ときめく専門家
「あみ」こと菅 朱弥です。


先日 ご相談を受けました。


ご相談者のお話を聴き
感じたことをお伝えし

気になる事(言葉)を
質問したり

旦那さん言った言葉から
感じるものをお伝えしました。


話しているうちに
気持ちが整理され
不満の中にある悲しさや
とまどいをみつけ


旦那さんとどのような
関係なりたいかが
見えてきました


そして、私が体験談をお伝えしたところ

そこに共感する部分があり
チャレンジしてみるとなり

やると決められました。


その後すぐに実践されたようで

旦那さんの反応が変わったそうです!

少しでもいい風に変化して良かったですね

「私が私が」
になっていた相談者。

その心の中は

自分の気持ちを分かって欲しい
私がこんなに辛いのに。。。

があったのでしょう。


理解と承認


話していくうちに

旦那さんも同じわかって欲しい
という気持ちがあるのかも


と相談者が言った言葉に

「だんなさんはそれが欲しいと思ったのですね」
お伝えしたところ

「あ!」と気づくことがあったのでしょう
その気持ちを汲んで
みることにしたそうです。


その行動は
理想としている関係からみれば
回り道かもしれないのですが

やってみると決められました。


私が私がとなっている時は

相手のことが見えなくなっていきます。

起きたことには
なにか意味がある

この出来事は

私に何を教えてくれるのだろう?


ふとそう考えてみてください。

自分だけの世界から
パトーナーの事がみえてきますよ。

変わって欲しいと思う事は
自分が変わることから
始めてみましょう!

 

そして信頼関係の回復
その基盤ができてから
ありたい関係を作り上げて
いけばよいと思うのです。

 

基盤ができる頃には
相手を受け入れことが出来てきています。

それは自分が変わってきているから
それによって
相手も変わっているので
関係性が変わっています。


すぐにではありませんが

ちょとづつ
ちょとづづ。

でも何もしないで今の状態より
変わっていく方がいいですよね。

これからも彼女を応援していきたいと思います。

そして読んでくださっている
あなたの事も応援してますよ!


自分にときめきたあなた
夫婦関係を変えたいあなたに贈るメルマガです!
まずは7日間読んでみませんか?
コミュニケーションを変える小冊子つきです!

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です