toggle
2017-03-07

自分の嫌な部分もやさしく包み込む

夫婦ときめく専門家 「あみ」こと菅 朱弥です。


今日もお読みいただきありがとうございます。


ご相談者のご相談を思い出しながら

記事を書いています。


あなたは、自分の良い所と悪い所

どちらがすぐに出てきますか?
人は欠けたところに
目がいきます。


そして欠けた部分に
目が行くと

それを持っている
自分を責めたりします

 

どうしてこうなんだろう?
変わらなきゃ
どうしていつもこうなるの?

 

でも
責めている時は
その部分は変わらないし、
さらに責めることに
なっていきます。

 

それはそこにだけ
目がいっているから


どんどん部分を
引き寄せていくのです。


そんな時は

その部分を受け入れて
ください。


そう、そんな自分をやさしく
包んであげてください。


例えば

やめようとしていることを
またしてしまった時


決めたことが出来ない自分を
責めるのではなく


そんな自分がいること

そうなった自分の気持ちを
受け入れるのです。

 

やめることを決めたことを
またしてしまう心の先には

いたたまれない気持ちが
あるのかもしれません。


それをせずには
いられない位の気持ちがある

そんな感情をみつめて
そうなった自分を
受け入れて欲しいのです。


そうしていくと

その部分から離れていくことが出来ます。

責めることはそこに

執着が起きるから
離れられないのかなと思います。


欠けた部分を責めるという

考え癖になっているので、
時間がかかることがあるますが

受け入れることで

考え癖が変わっていきます。


欠けている部分も

あなたです。


あたなを一番知り

あなたを一番理解し
あなたを一番に支え
あなたとずーと一緒にいるのは

あなたなのです。


大切に受け入れて
包んであげてくださいね。

ご相談の方には
私の体験談も

お話をさせていただきました。


今までセッションでは
自分の体験談とかは

話していなかったのですが、

最近、私の体験談を
話してくださいという
依頼があり、話した方がいいと
感じた時に
話させていただいてます。


今回も同じ部分があったので
お伝えしたところ

視点を変えるヒントが
あったらしく

声のトーンが変わり、
お話をどんどんしてくれました。


自分の体験がお役に立てる
のは嬉しいですね。


辛い体験も肥しだなと
あらためて感じる毎日です。

 

このような記事をあなたの元に届けます!
自分をときめかせるメルマガです。

3月18日は
自分にときめく 自分発見セミナーです

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です