toggle
2017-01-12

相手を認め協力しているのに。。。その思いの裏側   ~セッションの感想より~

夫婦ときめく専門家
「あみ」こと菅 朱弥です

私が配信しているメール講座には
プレゼンントPDFには

特典として無料セッションがついています

先日そのセッションを受けられた方から

メッセージが届きました
「どうしたのかな?」と思って開いたら
セッションの感想が書かれていました。

ありがたく感じ、みなさまの参考になるのではと
許可をいただきましたので掲載させていただきます
~~~~~~~~~~~~~~~~

菅さん、今日はありがとうございました。
自分を見つめ直すいい機会になりました。

まずは、妻を認めることが
必要だとわかりました

認めているつもりでしたが、
こうして欲しいと思う気持ちや
自分を認めて欲しいとの気持ちがあり、
そのことが逆に相手を認めていないと感じました

まだまだ自分に足りない所が
沢山あります。

自分の考えと違うと感じても、
暫くはなぜそう考えているのかを
理解し
認めることを
実行していこうと思います‼

メルマガで様々な経験を
していることを知り

そんな菅さんだから安心して
話をすることが出来ました。

菅さんに話を聞いて貰って良かった✨

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お話を聴いて、感じたことを
お伝えしたていく中で

相談者の方が自分の中にある
感情を見つめ、
その感情と
ともにパートナーと
どのように関わって
いくかを考えられました。


セッションの最後の方では、
うなずきながら納得しながら

自分の思いを語っていたのが印象的でした。

パートナーとの関わりを
真剣に考えている姿は
とてもステキだなと感じました。


その想いは、必ず潜在意識を
通じて伝わるでしょうし、
いい流れをもたらすと感じます。


認める
みたたままをうけとめる

ありのままを受け止める
と私は思っているのです。

自分の心に「認める」という
言葉が出てくるということは


「認める」
というこだわりがあり
認めて欲しいと
感じているということ。


相手に思うことは

自分に対しても思います。


パートナーを見たまま
受け止めるには

自分のありのままを
受け止めることから


感想を受け取り

あらためて感じたことでした。

このメルマガのPDFは夫婦のコミュニケーションのために
とても役立つと作った本人ですが自負しています。
ぜひ読んでください!
そして特典の無料セッションを生かしてくださいね。
そのメルマガの登録はこちらから!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です