toggle
2017-03-23

期待しないことにしました 相談者から

夫婦ときめく専門家 「あみ」こと菅 朱弥です。

 

「期待しないことにしました」

個別相談をされた方が
カフェの時に話されました。


そう聞いた私は、
本心から言っているのか?

そこに自分を置くことで、
無理やり納得させていないか?


その発言をそんな問いを
しながら聞いていました。

本心から出ているのなら、
それでいい


発言と思いに違いを感じたら、

感じたことを伝えて
本心を確認します。

 

期待しない
「あなたの事は期待しない」
そう聞くと、とても寂しく感じます。


でも期待は相手をあてにしている
言葉でもあるのです。

「あなたはこうあるべき」
考えてそうなる事を思う。


そして期待は怒りの素でもあるのです。


期待する→自分の思うようにならない→怒り

たとえば、赤ちゃんの世話を
しながら家事をやっている時、
子どもが泣きだし、
なかなか泣き止まない
そんな状況の時


旦那さんが近くにいるのに、
気づいてくれない


そんな時は旦那さんに怒りを感じます。


でももともと旦那さんがいなかったら…


怒りなんか現れず黙々と状況に対応するでしょう。


これは旦那さんが近くにいたら、

こうあるべきと期待してしまう

そして期待通りに
いかないと怒りに変わる


期待するというのは
自分サイドの考えなのです


だから

期待しないというのは、
ある意味いいことだと思います。


期待をやめると怒りが少なくなります


期待して怒るなら、
そのことを伝えましょう。


「出来ない」と言われるかもしれませんが

思いは伝わるし、歩み寄りができるかもしれません。


相談者のこれからも見守っていきたいと思います。


あなたも自分の思いを語りませんか?
カフェや講座にきてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です