toggle
2017-01-05

人に言われたから腹が立つのではなくて・・・

こんにちは あみです。

昨日は夫婦げんかにおいて
でてくる感情に振り回されないでという終わりでした。

今日はその感情のお話し。

夫婦喧嘩で例えていくと
相手のやったことに怒りや
許せない気持ちが出てきて
始まります


これは、
相手がそう思わせていると
思いますよね。

でもね。
同じことをしても、
受け取る人によって
「怒り」や「許せない!」
とならない場合もあるのです。

ということは。。。

そうなんです。
怒りなどの感情は相手から
感じさせられているのではなく

自分がその感情を作っているのです。


それはあなたが
どのように思うかは、
コントロールできるってことです。


出てきた感情に
支配されて
言いたいことが
言えなくなっていくのは
残念だと思います。


講座で使う
「ときめきリスタートノート」では、
自分の本当の感情を見つめて
自分を知ります。


自分の感情と早くうまく付き合いたかったら、講座にきてくださいね。


前回に
出てきた
「期待」
これは相手をコントロールしてしまいます。
「こうあって欲しい」
これは相手を変える事なので難しいですが


喜怒哀楽の感情は

自分でコントロールできるので
そんな感情になりたくないなと思うなら
変えることができます。

どんな風にするのも
あなた次第ってことですね!

次回はその感情の扱い方をお伝えしますね。

今日もあなたらしい一日を!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です